2024-06-15
Breaking News

SEが資格を取得するメリット

SEの需要は右肩上がりな傾向があり、未経験からIT人材を育成している企業も増えているようです。SEになるためには必ずしも資格は必要ありませんが、持っておけばメリットを得られることが多いです。

まず、SE関連の資格を取得することで、就職が有利になるという恩恵があります。資格を持つことにより、「私にはこのようなスキルや技術があります」とアピールできるため、採用される確率がアップするでしょう。
IT企業は、成長していく意欲の高い人を採用したいと考えています。資格が直接業務の役に立たなかったとしても、資格を取得することで成長したいという意思の強さを間接的にアピールできます。熱意やポテンシャルの高さを伝えることにより、採用される確率を高めることができるでしょう。

他には、SEに関係した資格を取得することにより、資格手当や報奨金が支給される可能性があるというメリットがあります。資格手当や報奨金は、難易度が高いほどもらえる額がアップする傾向があるようです。例え資格手当などが支給されなかったとしても、高度な資格を取得し、高いスキルを持ったSEを目指すことにより、年収をアップさせることができます。

SEに必要な能力を着実に身につけ、自分のスキルに自信が持てるようになれば、独立も視野に入ってきます。優れた資格を持つことは、フリーランスとして活動する際に、非常に大きな武器になるでしょう。

◎資格だけじゃない!SEのキャリアアップ方法をもっと知りたい人はコチラ