2022-01-29
Breaking News

フリーランスに向いているSEの条件

フリーランスは自分のペースで仕事ができ、プライベートの時間が確保できるなどメリットがあります。そのため企業勤めを辞め、フリーランスになろうと考えるSEは多いです。
しかし、誰もがフリーランスのSEとして成功するわけではありません。フリーランスという働き方には向き不向きがあるため、自分に合った働き方なのかどうかをしっかりと見極める必要があります。

フリーランスに向いている人は、自己管理能力が高い人です。自分で仕事のスケジュールや仕事量の管理・調節を行うため、管理能力が低いと仕事をスムーズに進めることが困難になるでしょう。
スケジュールの管理・調節を十分に行えなければ仕事とプライベートの区切りが曖昧になり、ずっと働いている状態になるケースも多いです。このような状態になると体への負担が増えるため、健康面でも不安が出てしまいます。

その他、経費や給与などの金銭管理スキルも必要です。仕事がいくらできても、月々の収支や経費などの管理ができなければ、収入を安定させることが難しくなります。
会社であれば総務や経理が行う業務も、フリーランスでは自分で行うのが基本です。フリーランスSEを目指す場合には、金銭管理に関する勉強も進めておきましょう。

また、行動力やコミュニケーションスキルも重要です。フリーランスのSEとして成功するには、自分から積極的に仕事を取りにいかなくてはいけません。
特にフリーランスになりたての時期は、仕事を安定させるためにも、多方向へのアピールが必要です。交流会などに参加し仕事につなげていくなど、フットワークの軽さが求められます。