2022-11-28
Breaking News

SEがフリーランスになるための準備

フリーランスのSEとして活躍したいのなら、まず個人事業主として独立することからスタートする必要があります。個人事業主として働くための様々な書類を提出して、手続きを済ませましょう。
税務署に提出するのは、開業届と青色申告承認申請書です。開業届はこれを提出すれば個人事業主として認められ、本格的に仕事を開始できます。身分証明書と印鑑さえあれば、すぐに届け出が行えます。
開業届と一緒に提出したいのが、青色申告承認申請書です。申請することで税金の減額に繋がり、節税にもなります。確定申告をスムーズに行うためにも、早めに提出しておきましょう。
また、年金に関しても手続きが必要です。企業に勤めていた人は厚生年金から国民年金に切り替わるので、役所に行って切り替えをしましょう。

個人事業主として利益を上げるためにも、独立する前にスキルと実績はつけておくようにしましょう。沢山の人から仕事を依頼されるためにも、重要なことです。
これまでに手掛けた案件をまとめたり、何か実績を残した経験があればそれをアピールしたりすることが大事です。どのような仕事が得意なのか、関わったことがあるプロジェクトなどもプロフィールに加えて、顧客の興味を引くような内容にしましょう。

また、IT業界では次々と新しい技術が誕生しているので、取り残されないように技術を磨く習慣をつけておくことも大事です。自分にできそうなことには果敢に挑戦し、アピールポイントを増やす努力をしましょう。